チャットレディがいかに女性の副業に向いているか

チャットレディが副業として最適な理由とは

チャットレディは人気急上昇中の女性ならではのお仕事で、副業でやっている人もたくさんいます。

最近は全体的に副業をやっている人口が増えていますが、女性も副業を探したり実際にやったりしている人が増えています。株式投資やアフィリエイトなどが代表的なものではないでしょうか。

最近人気が沸騰しているものとしては、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨がありますが、こういった投資商品は熱が冷めると一気に下がってしまうので、高値づかみしそうで怖くて手を出せませんよね。

簡単に自宅でできるアルバイトとして有名なものにデータ入力とかポイントサイトとかがありますが、全くといっていいほど稼げないのでやらない方がいいでしょう。

チャットレディはこういった内職的なものと比べると圧倒的に稼ぎやすく、その他のメリットもあふれているので、女性で副業を求めている人はぜひ一度やってみるべきだと思います。

チャットレディは本業があって、合間合間に副業をやりたいという人にもってこいの副業だと思います。

最近の時代の流れ的には副業解禁している会社も多いですが、旧態依然とした会社では未だに副業現金の会社も多いので、会社にばれないでやりたいというひとはどうしたらいいのでしょうか。

会社に知られずにチャットレディとして稼いでいくにはどうしたらいいのかも解説しているのでぜひぜひ参考にしてください。

チャトレは副業で人気

チャットレディは誰でもできる仕事

チャットレディはパソコンがすごい苦手な女性にも誰にでもできるような操作でお仕事できますし、スマホだけでも稼働が可能です。

チャットサイトのチャットレディ専用ページにアクセスしてパスワードとIDを入力することによりチャットレディのマイページに移動出来ます。そこに移動出来たら開始ボタンをクリックすることにより自動的にチャット待機状態になります。待機状態になったら男性ユーザーからのアクセスを待つだけです。

たったこのくらいでチャットレディとして働けてお金を稼げちゃいます♪大手の優良サイトならなおのこと使いやすいサイト設計になっていますし、使い方マニュアルも完備されています♪

もし通勤チャットレディをやるときは、チャットルームにスタッフもいるのでなおさら使い方を教えてもらえます。

報酬がすぐ手に入る

今月は鞄とかいろいろかってしまったから、お金が足りないとか、日払いでもらえる仕事がしたいとかいろいろな理由があります。

チャットレディに限らず、副業を考えるときと言うのは、どういうときでしょうか?それはたぶん、給料が安く感じたときとか、ほしいものができたときではないでしょうか。

チャットレディのサイトはほぼすべてといっていいくらい日払い対応しています。

チャットレディの代理店やライブチャットによっては現金でもらえるところもあります。

一日分の報酬がその日のうちに現金でもらえるなんてこんな画期的なバイトは、お金にピンチな人にとっては救世主といってもいいでしょう。

女性スタッフからの親切なサポートがある!

通勤チャットレディでも在宅チャットレディでもライブチャット専属のサポートセンターのスタッフからいろいろなアドバイスをもらうことができます。

在宅チャトレの場合はサポートデスクに聞いて教えてもらえますが、通勤の場合はその場でリアルタイムに教えてもらえるので即効性があり、疑問などはすぐに解決出来ます。

在宅チャットレディの大手の優良サイトはサポートがしっかりしているので、質問を投げかけるとすぐに教えてもらえます。

チャットレディの代理店というのは、チャットレディが稼いでくれればくれるほど、自分たちも稼げる立場にあるので、チャットレディを稼がせようと必死になっていろいろやってくれます。たとえばプロフィールを男性客がチャットしたくなるように考えてくれたり、トップ画像をいいものに変えてくれたりなどです。

登録費や維持費などが必要ない

チャットレディのメリットには体一つでできるというメリットがあります。内職などは設備投資費用などがかかったり、お店を開くにしても何百万円もかかりますが、チャットレディは完全に0円で副業を始めることが可能です。

パソコンがあればパソコンでチャットレディをやってもいいですが、スマホでもチャットレディは難なく稼働することが可能なので、今時スマホをもっていない女性はいないでしょうから、スマホ一台で裸一貫で働くことができます♪

チャットレディは登録料なんてのも一切かかりません。年会費などもありませんし、チャットルームの使用料などもかかりません。

チャットレディ専用のチャットルームというところにはウィッグも無料で用意されていますし、コスプレをしてキャラクターを作りたい人は衣装も無料で貸し出しをしています。なのでほんとにかかる費用というのは皆無です。

お客さんと直接会わなくていい

チャットレディが女性の副業として人気を集めている理由の一つに、肉体的な負担がないというところです。たとえばキャバクラやファッションヘルスなどは男性とどうしても対面で物理的に何かをしなければなりませんが、チャットレディはバーチャル空間でやりとりをしているので、気軽に男性とやりとりをすることができます。

キャバクラみたいにお酒を大量に飲んだりしなくてもいいですし、熾烈な女の戦いもないですし、風俗みたいに性病を気にしたりもしなくて、サクッと稼げちゃいます♪

どこでもいつでも好きなタイミングで!

チャットレディはチャットサイトがある限り夜遅かろうが朝早かろうがいつでもお仕事してお金を稼ぐことができます。男性ユーザーが少ないか多いかだけの違いです。

スマホ一台やパソコン一台があれば、いつでもどこでも働くことが可能です。

在宅勤務ばかりやってきて飽きてきたら代理店のチャットルームに通勤してみたりすれば飽きずにコツコツ続けられると思います♪

身バレや顔バレの危険性

チャットレディをやっていると会社の人や知り合いの人にバレてしまうのではないかと思いますよね。

チャットレディの顔バレに抵抗があるひとは、何がいやと言うよりは単純にバレるのがいやだと思います。

チャットレディをやっていて顔ばれを完全にゼロにすることはできませんが、限りなくゼロにすることはできます。そもそも自分の知り合いがライブチャットをやっていて、たまたま自分を見かけたりチャットにログインしたりする確率なんてほぼありませんよね。

チャットレディをしていることがばれることはない?

チャットレディというのは、在宅でできて、なんの手間や初期費用などもかからずに始められる副業なので、お小遣い稼ぎがしたい女性にはうってつけの副業だと思います。ですが、兼業でやっている人は、昼間勤めている会社にばれるのではないかという不安はあると思います。

ネットビジネスや在宅ワークなどやチャットレディなどの副業が本業の会社にばれてしまう原因というのは、年末調整で不自然な税金が発生してしまうからバレてしまうと言われています。

一般の会社というのは、従業員に給料を支払うと、給与支払い書というものを、市町村に報告することが義務づけられています。

チャットレディだけに限りませんが、副業をやっている会社からも、個人に対して給与などの支払いをした場合は、支払い報告書を提出するようになっています。

支払い報告が送られてきた市町村というのは、その給料をすべて合算して、本業の会社へ住民税の金額を通知する仕組みになっています。

住民税額の通知書というのは、基本的には一番給与支払額が多い会社へと送られるようになっています。副業で本業の収入を上回らない限り、住民税の通知書というのは、本業の会社へ送られてしまいます。

もちろん、納税通知書を受け取った本業の会社というのは、従業員の住民税というのを自分の会社の給与からあらかじめ計算出来ているので、その額と違いがあった場合は副業がバレてしまう可能性があります。

ですが、会社にばれないようにする方法も当然あります。それは特別徴収ではなく、普通徴収として住民税を納める場合です。

副業をやっていることが本業の会社にばれないようにするためには、ものすごくシンプルです。普通徴収にして、自分で住民税を納めるだけです。

住民税の納付方法を普通徴収にすることにより、本業の会社に副業の支払い報告書がいくことはないので、バレないという寸法です。

住民税のみになるときがある

インターネットなどで確定申告について調べてみると、本業をやっている場合のチャットレディなどの副業の収入が年間で20万円以下であれば、確定申告をする必要がないと言われています。

住んでいる市町村に納める住民税というのは、年間の副業での収入が20万円を超えていなくても納める必要があります。

自分の自治体の確定申告でチャットレディやその他の副業の収入を普通徴収することにより、本業の会社に知られずに自分で納税出来ます。

1年間の所得が20万円以上は普通徴収

チャットレディなどの副業で一年間に20万円を超える収入を得た場合は、確定申告をするときに特別徴収ではなく、普通徴収を選択することにより、簡単に自分で納税することができます。

2月から3月に行われている確定申告の時期に、自分の副収入の申告をすることにより、自治体から自分に直接住民税額の通知書を送ってもらうことができます。

チャットレディで稼いだ一年間の副収入を自分で確定申告することにより、自分が住んでいる自治体から自分の住所に直接納付書が送られてくるので、本業の会社にばれることなく納税することが可能です。

普通徴収が使えないときとは

自治体によっては、副収入の住民税を普通徴収で納めることができないところもあるようですが、普通徴収ができないところというのは、給料で得た場合のみです。

チャットレディというのは他の副業やバイトやパートみたいに、とある会社と雇用関係があってそこから給料をもらっているという形ではないのです。

チャットレディが振り込まれているお金というのは、会社からの給与という形ではありません。チャットサイトなどを見てもらうとわかりますが、給料という名前ではなく報酬という名前になっています。

市町村によっては、チャットレディの報酬が給与でないとしてもすべて特別徴収にするべきだと考えている自治体もあります。

確定申告をするときに、チャットレディの報酬を本業の会社にばれないように、普通徴収にしたのになぜか特別徴収になっていると言うこともないこともないので、心配な人は市町村に確認しましょう。

ここまでお読みいただいて、女性に人気がある副業としてチャットレディがどれだけメリットにあふれているかをわかっていただけたと思います。

チャットレディが本業の人であれば何の苦労もないと思いますが、本業をやっていてバレたくないというひとは、以上のようなテクニックを使って、会社にばれないようにうまくチャットレディで稼いでいきましょう!

↑ PAGE TOP